芦屋/フレームでつなぐ、フォルムの美しいエクステリア

建物完成前からお打ち合わせさせていただき、外構・植栽全体を設計・施工させていただきました。

シンプルな箱型の建物に、特徴的な天然木のバルコニー手摺がアクセントとしてつけられていたので、エクステリアも板塀を境界に使うデザインにしました。

この計画の大きなポイントとして、2台の通常利用の駐車場に加えて、サブの駐車場が欲しいけれど普段は庭として使いたい、というご要望がありました。メイン駐車場を広く使うため、また全体に統一感を与えるために、大きなフレームを飛ばせるカーポートを設置し、特徴的な外観のエクステリアとなるように計画しました。

完成写真です。大きなフレームのカーポートが全体に締りを与えています。

ハードウッドの板塀を上品な雰囲気を演出してくれています。

板塀の間の黒い部分は引戸になっていて、車を入れる際はここから入ることができます。

中庭にはハードウッドのデッキを作りました。

フレームの柱が植栽帯の中に落ちて、他にはない特徴的なデザインとなっています。

庭にはイエローのアンティークレンガと板石でベンチを作りました。

板塀の一部には庭と出入りできる扉をつけています。

庭側にはアンティークな取っ手も取り付けました。

フォルムの美しいエクステリアになりました。ありがとうございました。