オーナメンタルグラスガーデン

今回は植栽工事からのご提案です。

 

既存の石積を残されていて、建物の間に緩い勾配のある植栽帯がある状態でした。

ご提案のラフイメージです。もう外構が出来上がっている状態の場合、こういう形でご提案させて頂く事もあります。

完成写真です。

パンパスグラスなどのオーナメンタルグラスのイメージを気に入られ、それを中心の庭づくりにしました。

普通のパンパスグラスは建物スケールに巨大化してしまうため、矮性パンパスグラスを使用しています。

建物の色味や既存の石の雰囲気なども考慮しながら、味わいのある溶岩石をいくつか据付、黒系の栗石と茶系の砂利で法面を抑えています。

植栽帯全体のイメージです。

大きなFIX窓前には目隠しも兼ねて常緑のオリーブとフェイジョアを植栽しています。

足元にはオリーブと雰囲気を合わせてウエストリンギアを植栽しています。シルバーの品種は葉がパリっとしていて綺麗です。

中庭のデッキはプランターが入る大きさにくり抜いておられたので、中にスクエアのプランターを入れ、ジューンベリーを植栽させて頂きました。

根元はプランターが見えないように石で隠しています。

山中育樹園では、外構を含めた植栽計画をトータルコーディネートで御提案をさせて頂くことがベストであると考えていますが、すでに外構が完成してしまったお客様や、工務店との契約上どうしても外構を切り分けられないお客様も、

ベストな植栽計画となるよう、プランニング、施工させて頂いております。

是非お気軽にお問い合わせください。