西宮の杉板RC風タイルが映える、シンプルな外構

外構工事、植栽トータルでご依頼いただきました。

二世帯住宅のシンプルな外構、をご所望いただきましたが、現地の配管状況、深基礎などの状況など、なかなか問題点もあり、一つ一つクリアしていきました。

完成写真です。

配管状況によりアプローチの取り方がかなり制限されてしまった部分はありますが、その中でも門柱前に若干のスリットを作り、構造物だけの堅い外構にならないように工夫しました。結果的に2方向に上がる階段はシンプルでユニークなイメージを作り出してくれました。

写真左側もいろいろと試行錯誤しながらバイクが上に上がるためのスロープを作りました。その右側に少し余ったスペースにシンボルツリーを植栽することで、家の雰囲気が格段に良くなっています。

 

門柱はセラウォールという杉板RC風のタイルですが、本物の杉板RCとはまた違う独特の良さを出しています。

無機質なコンクリートは、緑が入ることにより上品なイメージに仕上がります。

コンクリートの駐車場の間には栗石を入れています。普通の砂利目地とは違う高級感が出てくるから不思議です。

シンプルで綺麗なエクステリアとなりました。ありがとうございました。