庭の高さの話

『高さ』は庭を考えるうえで非常に重要です。

【目線の検討図】

上記の様な目線の検討をしながら現場の計画を行っていきます。

上の図は何を検討しているかというと、

実は地面の高さと家の1Fの高さって、だいたい50cmぐらい高低差があるんです。

そうなると、どういうことになるかというと、下の図のように、家の中で椅子に座った状態やくつろいでいるとき、

足元に植えた草花や、据え付けた石は全く見えないことになります。

せっかくお庭を綺麗にしつらえたのに、立ってのぞき込まないと見えないことに・・・。

そこでどうするかというと、

上の図の様に、地面の高さを上げてしまいましょう。

ブロック積と土で簡単に上げることができます。

そうすることで、家の中でくつろいでいるときでもしっかりと足元の植栽まで楽しむことができます。

上のお庭でも、自然の石組を使いながらデッキのレベルまで地面を上げています。

これにより、デッキや家の中からくつろいでいる時の目線は上の写真のようになります。

もし地面のレベルを上げてなかったらおそらく上の赤線の部分は見えなくなっていたと思われます。

写真加工で作ってみましたが、上のような感じです。これも緑が見えていて綺麗ですが、可能であれば足元のしつらえまで見えた方がいいのではないかなと思います。

お庭のレベルを操作することで椅子や花壇、BBQテラスなど、様々な要素を作り出すことができます。

このあたりにこだわりを持ってプランニングをすることがガーデンデザイナーの腕の見せ所です!