川西のシンプルモダンな石の庭

ご自分で挑戦された斜面部分の植栽がうまくいかず、ご来園頂きました。

斜面の上部には雑草抑制シートを貼った上にクラピアやダイコンドラのシルバーを植栽され、いい感じに広がってきていましたが、斜面部分になったとたんに突然拡がりが止まり、イメージしていた緑に覆われた斜面になかなか育たず、土も流れてしまうために困っていらっしゃいました。

色々と打ち合わせをさせて頂きましたが、ぱっと家の印象を見た瞬間にイメージ的にすっと伸びあがるシンボルツリーが浮かんだため、ご提案をさせて頂きました。

また土留めの方法としても、石の土留めのイメージを新たにお持ちでいらっしゃいましたので、シンプルな家のイメージに合うシックな色味の石をご提案させていただきました。

【ご提案の平面図】

各種、それぞれ相性の良い景石や栗石、砂利などを使用しながら、お客様のイメージをベースに反映しています。

中央の階段の左右は石をメインに、右のほうが高地の植生のように、岩山とグランドカバーのようなイメージで仕上げていき、最終的には現状綺麗に広がってきているクラピアのグランドカバーに繋げていきます。

【イメージ共有のためのスケッチ】中央のシンボルツリーのイメージに合った樹木を探しに行きます。

色々な場所を探し回ってピッタリのアオダモが見つかりました。

メインのアオダモは天窓から見える樹形のものを選びました。

やはりシンプルな建築には大きな樹木が良く映えます。緑が出てくるのが楽しみです。

濡れた石は輝きを放って非常に美しいです。

 

斜面の一部に石を使って階段を作りました。

お客様のご意向もありグランドカバーのみで植栽を行っています。

結果的に高山植生のような不思議な雰囲気の美しい石庭になりました。

まだアオダモに葉っぱがなかったり、クラピアの成長が途中だったりしていますが、今後が大変楽しみな庭となりました!

【再訪問2020年5/8日】

アオダモの葉が茂り、いい雰囲気を出していました。

タイムを中心としたグランドカバーがいい感じに茂り、高山の趣を呈していました。